| 新規会員登録

理科の合否を分けた一題

青山学院中入試対策・理科の合否を分けた一題(2017年度)

難易度分類

[1] (1) A  (2) A  (3) A  (4) B  (5)① B ②B
[2] (1) A  (2) A  (3) A  (4) A  (5) B
[3] (1) A  (2)① A  ② A  (3)① A  ② A  (4) A
[4] (1) A  (2)① A  ② A  (3)① A  ② B
[5] (1)① A  ② B  (2)① B ② A  (3) B

A:青山学院中等部合格を目指すなら必ず得点したい問題
B:やや難しく差がつく問題
C:難問

出題総評

2017年度の青山学院は、例年通り、基本的知識を問う問題を中心に、思考力を必要とする問題がちりばめられている印象です。ただし、年々難易度が上がってきているので、注意が必要です。
小問集合では、青山学院特有の時事問題としてのノーベル賞をはじめ、基本の知識、論理的に考えるもの、雑学的な知識と、バラエティーに富んでいます。
生物分野の問題は、蒸散作用の基本的な実験と知識が扱われ、確実に得点したい問題となっています。
地学分野の問題も、川のはたらきの基本の問題となっていて、ここも落とせないところです。
化学分野の問題は、気体の性質について、少しひねった問い方のものもありますが、基本的なものとなっています。
物理分野の問題は、光の三原色について、規則性に基づいて考える問題が中心ですが、条件の読み取りや、ことばの解釈で戸惑った生徒もいたかもしれません。
対策としては、基礎知識をしっかり身につけるだけでなく、普段からテレビや書籍で科学関連の記事をチェックしておくこと。また、ノーベル賞や宇宙・気象・災害・環境問題などの時事問題にも、目を配りましょう。
一方で、表面的な知識ではなく、どうしてそうなるのかを考えながら、根本原理を理解しようとする姿勢が大切です。さらに、理解した事柄を使って、論理的に思考できるよう、演習問題にあたってみましょう。この際、過去問よりも少し上のレベルの問題にあたって、慣れておく必要があります。

問題構成は、4分野から大問5題、小問31問。
解答形式は、言語が8問、記号選択が21問、数字が2問。作図・記述はありませんでした。
計算は、原理さえ理解できれば、簡単な計算で出せるものでした。
選択肢は、「すべて」選ぶものが2問あり、注意が必要です。
試験時間は25分と、必ずしも十分ではなく、確かな知識力とすばやい判断力が必要とされます。

問題別寸評

[1]

(総合)定番の小問集合です。
時事問題は、必ず出るので、得点できるようにしておきましょう。

(1)

ノーベル賞を受賞した、大村智博士の研究に関する問題です。

(2)

地温・気温・太陽高度の変化に関する問題で、基本中の基本です。

(3)

ヘリウムは、水素の次に軽い気体で、安定しており、無色・無臭・無味・無毒です。

(4)

月面には空気がなく抵抗がないので、コインと木の葉は同時に落ちますが、重力が地球の1/6なので、加速がゆっくりです。

(5)

自然現象で「電気」といえば、静電気・かみなりです。フランクリンは、アメリカ合衆国の政治家であるだけでなく、外交官・著述家・物理学者・気象学者でもあります。

[2]

(生物)植物の蒸散に関する問題です。
ヒマワリの茎を使った、蒸散の実験です。基本の知識の問題です。確実に得点しておきたいところです。

(1)

ビニール袋の水滴は、ヒマワリの茎が赤く着色した水を吸い上げて、葉の気孔から水蒸気として出したものです。水の赤色は、道管を通りますが、気孔から出ることはありません。

(2)

「すべて」選ぶ、選択肢の問題です。蒸散のはたらきについて、丸覚えするのではなく、根本的なメカニズムを理解しておくことが大切です。

(3)

スイレンは、葉が水面に浮いているため、葉の裏側で気体の交換ができません。

(4)

道管と師管の位置は、基本中の基本です。取り違えないように、注意しましょう。

(5)

種子に脂肪を多く含むものには、他に、アブラナ・ゴマなどがあります。

[3]

(地学)川のはたらきに関する問題。
川の水の3つはたらきである、浸食・運搬・堆積について、基本的な知識があればとける問題です。

(1)

曲がっている流れでは、外側は浸食されてがけに、内側は堆積によって小石などが積り、川原ができます。

(2)

石灰岩は、炭酸カルシウムが主成分で、水中の生物(サンゴ・貝類・ウミユリなど)の殻が堆積してできる堆積岩です。土地の隆起によって陸地になると、川のはたらきによって、浸食・運搬され、再び海で堆積します。火成岩に比べるとやわらかく、酸性雨などの影響も無視できません。

(3)

基本の知識です。正しいことばで解答しましょう。

(4)

山から平野にでるところでは、急に流れがゆっくりになり、堆積作用が強くなります。このような場所では、よく扇状地が見られます。

[4]

(化学)気体の性質に関する問題。
代表的な5つの気体についての問題です。基本的な性質(発生方法・重さ・水に対する溶けやすさ・水溶液の性質など)がしっかり身についているかを確かめる問題です。

(1)

ガラス板をはずしただけですので、空気とふれあう状態です。化学反応か起きることは考えにくいので、一部が空気中ににげて、入れ替わったと考えます。空気と入れ替わって、重くなったのですから。入っていた気体は、空気より軽い水素とアンモニアであったと考えられます。

(2)

① 水素と酸素は、水にほとんど溶けないので、水は中性のままなので、あてはまります。塩化水素の水溶液の塩酸と、二酸化炭素の水溶液に炭酸水は、酸性です。アンモニアの水溶液のアンモニア水は、アルカリ性です。
② 亜鉛は、塩酸にとけて、水素を発生します。

(3)

① 表から、60℃の水100mLに溶ける二酸化炭素の体積は36mLなので、はじめ、36+64=100(mL)溶けていたことがわかります。
② 気体は、温度が低いほど、水によく溶けます。二酸化炭素を100mL溶かすことができる温度は、0℃と20℃の間です。20×117-100117-88≒11.7より、イを選びます。

[5]

(物理)光に関する問題。
光は、電磁波の一種で、基本的には、人間の目の網膜を刺激して明るさを感じさせるものです。この問題では、マイクロ波や紫外線まで、光の解釈を広げています。

(1)

→合否を分けた1題を、参照。

(2)

マイクロ波も電磁波の一種で、電子レンジなどで使われています。電子レンジが物を温める性能は、エネルギーの量であらわすことができます。
① [W](ワット)は、1秒間に発生するエネルギーの量を表す単位です。表示から、このお弁当を温めるのに必要なエネルギーは、[W](ワット)×[秒]=60000で一定であることに着目しましょう。800Wの性能の電子レンジを使うと、60000÷800=75(秒)=1分15秒であたたまります。
② マイクロ波には、光と同じ性質があると考えると、ガラスは通り抜け、金属は反射すると考えられます。

(3)

説明から、可視光線のうち、赤色は波長が長く、紫色は波長が短いことがわかります。赤外線は、赤色の光のとなりなので、Aの位置です。また、紫外線は、紫色の光のとなりなので、Bの位置です。X線は、さらに波長が短く、ガンマ線に近い位置です。

合否を分けた一題

光の三原色は、身近に利用されているため、イメージはしやすいのではないでしょうか。色の重ね方をおぼえる必要はありませんが、示された結果から規則性を見つけ、条件を変えたときの結果を予想する問題として、よく出されます。

[5]
(1)

赤・緑・青色の光は、組み合わせることで、ほとんどの色の光を作り出すことができるため、光の三原色と呼ばれています。これは、パソコン・テレビ・携帯電話の画面にカラーで表示するときに、使われている方法です。問題では、色の重ね方と、作り出す色の例があげられていて、これを手掛かりに、問題を解いていきます。
(図1)から、赤色と緑色の光を重ねた楕円の部分が、黄色になることが確認できます。
(図2)から、赤色の光の影には、赤色の光がとどかず、緑色の光だけがとどくので、緑色になります。同様に緑色の光の影には、緑色の光がとどかず、赤色の光だけがとどくので、赤色になります。
① 影Aは、緑色の光の影なので、赤色と青色を重ねた色になります。
② 影Bは、青色の光の影です。これが赤色になったことから、緑色の光を消したことがわかります。このとき、影Cは青色、背景は、赤色と青色を重ねた赤紫色になります。

著者:
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


青山学院中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

青山学院中入試対策・関連記事一覧

青山学院中入試対策・同じ教科(理科)の記事

青山学院中入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



menu_school

算数

国語

理科

社会

プロ講師募集

お問い合わせ

PAGE TOP