| 新規会員登録

理科の時期別学習法の提案

雙葉中入試対策・時期による理科の学習法の提案(6年生)一学期

6年生前半

どの塾でも中和や気体の発生等の化学計算、電流や力学など、勉強らしい単元が続く次期です。計算も複雑になり、得意不得意の差がはっきりと出ます。
苦手な受験生はそんなに心配しないでください。雙葉中ではそんなに難しい計算は出ません。重要なのは原理をしっかり理解すること、なぜそうなるのか?です。

ただ、ある程度の計算処理は必要ですので、標準レベルの問題、テストで正答率が30%を超えるような問題は確実に解けるようにしてください。
基本的には、塾のカリキュラムに沿っていればよいと思います。重めの単元が続きますので、そちらの理解・演習が最優先です。

しかし、得意な生徒にとっては実はとても楽な時期になります。暗記が必要なく、どんどん問題を解けばよいからです。
その場合は今までの復習を始めてください。1週間に1単元、テキストを読み返して1~2ページ分問題を解くのが理想です。

この記事は役にたちましたか?


雙葉中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

雙葉中入試対策・関連記事一覧

雙葉中入試対策・同じ教科(理科)の記事

雙葉中入試対策・同じテーマ(時期ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP