| 新規会員登録

理科の塾別学習法の提案

雙葉中入試対策・塾ごとの理科の学習法の提案(サピックス生)

SAPIXでは5年生のうちにほぼ全範囲を終わらせます。といっても5年で学習する内容はそれほど難しくも詳しくもなく、ざっと基本を押さえ、6年で応用力を高めていくというやり方です。システムとしてはとてもよいと思います。
ただ、演習に重きが置かれ、説明が少ないため理解が不十分な生徒が出てしまうのが難点です。

私がサピ生に対するときは理解の確認をまず行います。
成績上位でも、あいまいな理解や勘違いして覚えている/自己流パターンに当てはめている生徒は結構いるものです。
そこを整理すると、処理の訓練はバッチリできているサピ生はかなり強くなります。

自宅で理解を補う場合は四谷大塚の予習シリーズがよいでしょう。説明も詳しく、写真も豊富です。

 

基本的にはサピックスのカリキュラムにしたがっていけば大丈夫です。
力学に力を入れているところは雙葉志望生には合わないところですが、全体的には問題演習量は多く、雙葉中に必要な内容はこなせます。

デイリーサピックスの発展問題は雙葉中にはほとんど必要ありません。発展問題よりも、確認問題をミスなく解くことが重要です。
土特やSSでも、Eは不要です。A~Dを確実に解いてください。Fは内容によっては必要になります。ドクターに来ている場合は私が指示を出します。

 

復習の優先順位は6年前半は通常→土特、6年後半はSS→通常→土特です。
テストも多いサピックスですが、直しはしっかり行ってください。弱点を確認し、知識を増やすチャンスです。

昨年度から四谷大塚の合不合が受けにくくなってしまいましたが、できれば受けてください。サピックスのテストは質問の仕方がストレートで、少しひねりが足りません。また、演習量が多すぎてこなしきれないことも多いのがサピックスです。ドクターでは、雙葉中の傾向と本人のの弱点に合わせて取捨選択します。

知識の確認は、コアプラスでよいです。最低3回は通してまずはコアプラスを完璧に覚えてください。
ただ、コアプラスでは記述の練習が出来ませんので、文英堂「最高水準ノート」で、記述の練習をすることをオススメします。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


雙葉中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

雙葉中入試対策・関連記事一覧

雙葉中入試対策・同じ教科(理科)の記事

雙葉中入試対策・同じテーマ(塾ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP