| 新規会員登録

算数の合否を分けた一題

雙葉中入試対策・算数の合否を分けた一題(2013年度)

難易度分類

[1](1)A (2)A
[2](1)A (2)A
[3](1)A (2)B
[4](1)A (2)B
[5] B
[6](1)A (2)<1>A <2>B (3)B

A:雙葉合格を目指すなら必ず得点したい問題
B:着眼点や解法ツールにより正答率・かかる時間に差がつく問題
C:難易度や処理量から判断して、部分点狙いで答案を作成、または、一旦とばすべき問題

今年度(2013年度)は「雙葉の算数は丁寧に粘り強く処理する」という定説通りの入試問題セットです。ただ、例年に比べて答えの数値がきれいなものが多く、処理量は若干少なめという印象です。[2]以降の大問では「式と計算と答え」「考え方と答え」「式と答え」が要求されています。

以下、各問の内容について見ていきましょう。

冒頭の[1](1)順算の計算問題、(2)速さと比の問題、は絶対に落としてはいけない、ウォーミングアップ問題。ここで緊張をほぐして、[2]以降の大問へ。

[2]は円周率計算が絡む平面図形の問題。
(1)「半径の長さが求められないときの円の面積の求め方」は、雙葉志望の受験生にとっては基本事項です。
(2)いちばん小さい円の面積を求めてから半径を求める解き方だと、計算が面倒で、いかにも雙葉らしい雰囲気の問題になります。でも、ここでは大・中・小3つの円の面積比から相似比を求める解き方が、正答までの最短距離でしょう。

[3]は水そう問題。
(1)AとBそれぞれの水面変化率を求めて、出会いの旅人算で処理。今年度の開成中[3]と同様の解法です。
(2)Bが空になる前にAが空になることに気づいたかどうか。最後まで気を抜かずに計算する、雙葉らしい問題です。

[4]は仕事量の異なる3人で千羽鶴を折る問題。
(1)10分周期で個数を計算するだけ。
(2)丁寧な処理が要求される雙葉らしい問題です。雙葉を目指す受験生であれば、このような「おおまかに見当をつけ、最後の部分を丁寧に調べて計算する」タイプの問題演習を十分積んできたはずです。まさか、全部で何羽折るかが判断できなかった受験生はいない・・・ですよね(「千羽鶴」なので1000羽折ります)。

[5]は為替の問題です。
1ドル=何円? と考えた受験生は、答えを出すのに手間取ったことでしょう。線分図を書いて状況を確認すれば、250ドルをユーロに換算すると答えが出せることに気づくはずです。この問題といい、[3](1)といい、例年に比べて計算結果がすっきりしすぎで、かえって不安になった受験生もいたのでは?

『算数の合否を分けた一題(2013年度)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


雙葉中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

雙葉中入試対策・関連記事一覧

雙葉中入試対策・同じ教科(算数)の記事

雙葉中入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP