| 新規会員登録

算数の塾別学習法の提案

雙葉中入試対策・塾ごとの算数の学習法の提案(日能研生)(3ページ目)

■ 6年生夏休み
★学習スケジュール

夏期講習は大手進学塾の中では最も長丁場です。お盆休みを除き毎日のように授業があるため、授業・その復習・宿題で1日が終わるようになります。

雙葉中志望者にとって最適な講習テキストは『応用1』でしょう。このレベルの問題を夏休みの間に自力で解けるようにしておき、支障なく9月からの答案作成練習に入れるようにしたいところです。このテキストを仕上げれば、算数の解法力はかなりアップします。

しかし、多くの雙葉中志望者の講習テキストは『難問』になるはずです。思考力問題を中心に、雙葉中の出題傾向とはかけ離れた重量級の問題が多いため、併願校に渋谷教育学園附属幕張中を考えていない限り、このテキストに長丁場お付き合いするのは正直辛いところです。

心配なのは、算数が苦手でも国語・社会が抜群にできるので最上位クラスにいる生徒の場合です。講習が始まる前に、取り組むべき問題の取捨選択をあらかじめしておく必要があるでしょう。

頑張っている生徒自身のプライドが許さないかもしれませんが、合格のためには敢えてひとつ下のクラスで『応用1』を使って夏期講習を受けるのも選択肢の1つです。
 
『難問』テキストに取り組んでいると大問にじっくり向き合う時間が長くなります。どうしても処理速度が鈍りがちになるので、それを防ぐために、軽めの問題をテンポ良く解き進める作業をどこかに組み込んでもらいます。

スキルアップの算数を受講する、『ベストチェック』を1問1分以内で処理する、四谷大塚『四科のまとめ』を右側1ページ10分以内で処理する等、生徒に合わせて選択します。

『難問』テキストで問題の取捨選択を行った生徒、『応用1』テキストで余力がある生徒には、東京出版『ステップアップ演習』を夏休み中に1回転してもらいます。典型問題の解法定着をより強固なものにするための問題演習と位置付けて下さい。正解した問題も必ず解説を熟読し、複数の解法を習得しておくようにしましょう。

なお、夏休み中に配布される『中学入学試験問題集』、通称『銀本』ですが、在籍校舎・クラスによって取り扱いが異なります。日能研の授業担当講師から出された指示が負担になるようなものであれば、柔軟に対応していきましょう。

★テスト

講習テストは普段のカリテと比べて難易度が押さえ気味ですが、『難問』テキストに取り組んでいると基本問題で足元をすくわれることがあるので注意しましょう。各回のテストで該当範囲の定着具合を確認し、不十分なところがあれば講習テキスト、場合によっては6年前期『本科教室』に戻ってすぐに復習です。

『塾ごとの算数の学習法の提案(日能研生)』 >> 1 2 3 4
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


雙葉中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

雙葉中入試対策・関連記事一覧

雙葉中入試対策・同じ教科(算数)の記事

雙葉中入試対策・同じテーマ(塾ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP