| 新規会員登録

理科の合否を分けた一題

慶應普通部入試対策・理科の合否を分けた一題(2017年度)

難易度分類

問1 1 B  2 B  3 A  4 A  5 A
問2 1 A  2 A  3 A  4 A  5 A  6 A  7 B  8 A
9 B
問3 1 A  2 A  3 A  4 B  5 A  6 B
問4 1 A  2 A  3 A  4 A  5 A  6 B

A…慶應義塾普通部合格を目指すなら必ず得点したい問題
B…やや難しく差がつく問題
C…難問

出題総評

2017年度の慶應普通部は、例年通り、基本的知識を問う問題が中心です。しかしながら、生物分野の問題は、植物と動物が、それぞれ大設問1題ずつ出され、普通部特有のマニアックも問題を含むものでした。一方、物理分野の問題がなく、計算は、化学分野の反応のデータを処理するだけのものでした。
対策としては、基礎知識をしっかり身につけるとともに、普段から生活に関連したことがらを、理科的な視点で考える姿勢をもつことが大切です。食材の食べ方や調理方法については、特に、知識欲をはたらかせましょう。また、生物ととりまく環境との関係は、他の学校の入試問題においても、取りあげられることが多くなっています。自分のことばで説明できるように、練習しておきましょう。

問題構成は、3分野から大問4題、小問48問。
解答形式は、言語が11問、記号選択が30問、作図が2問、記述が5問で、昨年はあった数字が0問。作図は、いずれも目にしたことがあるものでありながら、図に描くとなると、迷ってしまうものだったかもしれません。記述は、いずれも10字程度で、取り組みやすくなっています。計算が必要な問題は、どれも平易で、回答形式も選択肢であるため、負担は少なくなっています。一方、選択肢には、「すべて」選ばせる問題が多く見られ、限られた時間で得点に結びつけるためには、確かな知識力とすばやい判断が必要です。

問題別寸評

問1

(化学)液体の性質と反応についての問題です。
5つの液体のうち、水溶液は3つと、典型的な水溶液の問題とは、一線を画しています。一部、マニアックな知識を含んでいるので、そこで悩んで時間をとられないように注意しましょう。基本的な知識で対応できるところで、確実に得点することが大切です。

それぞれについて、1つ選ぶ問題ですが、あてはまるものがない場合も想定しなければならず、実に悩ましい問題です。わかるものから回答し、深追いして時間を消費しないように注意しましょう。
(ア)フランベ(アルコール度数の高い酒をフライパンの中に落とし、一気にアルコール分を飛ばす調理法)をイメージしてみましょう。料理酒を煮切るときも、炎を出して燃えるようすが見られます。
(イ)石油ストーブをイメージしてみましょう。着火や消火のときに、少なからずすすが出ます。
(ウ)一つ選ぶとすれば、食酢です。灯油は、変質すると黄色がかってくることがあります。
(エ)水溶液のうち、溶質が固体のもの(食塩水)は、水が蒸発すると、とけきれなくたった固体が出てきます。
(オ)水溶液の中から選びます。過酸化水素水は弱い酸性、食塩水は中性、食酢は酸性ですから、あてはまるものがありません。

「すべて」選ぶ選択肢の問題です。1よりさらに、悩ましい内容になっています。
(カ)燃料用アルコールには、メタノールとエタノールが混ぜてあります。
(キ)赤液温度計には、アルコールを使ったものと、灯油を使ったものがあります。どちらも、着色して使います。
(ク)傷口の消毒に使われるオキシドールは、3%前後の過酸化水素水です。アルコールも、消毒に使われます。
(ケ)炭酸飲料は、炭酸水(二酸化炭素の水溶液)を含むものなので、×です。
(コ)キャンプなどで使用するアルコールストーブは、主に調理が目的です。暖房器具としては、灯油があてはまります。

過酸化水素水は二酸化マンガンを入れると、水と酸素に分解されます。酸素の発生量は、過酸化水素水の量に比例します。表1から、過酸化水素水10gが分解されると、酸素100mLが発生することがわかります。分解で発生した酸素は、空気中ににげるので、気体発生後の液の重さは、はじめの過酸化水素水より軽くなります。

食酢にふくまれている酢酸と、卵の殻にふくまれている炭酸カルシウムが反応して、二酸化炭素が発生します。表2から、卵の殻0.4gと食酢10gが過不足なく反応して、二酸化炭素80mLが発生することがわかります。
(ナ)卵の殻が余ります。発生する二酸化炭素は160mLです。
(ヌ)食酢が余ります。発生する二酸化炭素は240mLです。

③は酸素、④は二酸化炭素です。
(ハ)酸素は、空気中に約21%含まれています。
(ヒ)二酸化炭素の水溶液は炭酸水です。酸素は水にわずかに溶けていて、水中でエラ呼吸する生物が取り入れます。
(フ)オゾン層を破壊する物質には、フロンガスがあります。
(へ)酸素・二酸化炭素ともに、空気より重い気体です。
(ホ)燃料電池は、水素を燃焼させてエネルギーを得ます。水素を燃やすには、酸素が必要です。

問2

(生物)マメ科の植物に関する問題です。
イネ科・キク科についで、マメ科には多くの種類があります。マメ科の植物の主なものは、あげられるようにしておきましょう。食用になるものも多く、生活に結びついた題材が多く出され、普通部らしい問題といえます。

マメ科の植物は、熱帯から寒帯まで世界中に広く分布しています。直立生またはつる生の草本、低木または高木のものもあり、サヤの中に種子ができます。花弁の数は5枚です。

花弁はふつう、3種類5枚で、左右対称です。特徴のある形から、蝶形花とよばれます。

カラスノエンドウの葉は、偶数枚が互生し、先端にまきひげがあります。また、葉のつけねの茎から分れるところに、蜜腺があるのが特徴です。マメ科の植物の特徴を、きちんととらえているかを確かめる問題です。

いずれも食用になるので、目にしたことがあるのではないでしょうか。サヤから取り出したときの種子の大きさは、ソラマメ>ラッカセイ>ダイズの順です。

エダマメの収穫時期は、ふつう7月から8月ごろで、期間は1週間ほどです。

ダイズが原料のものには、きな粉・しょうゆ・豆腐・納豆があります。
うどん粉は小麦粉、片栗粉はジャガイモ、バターは牛乳が原料です。
砂糖は、サトウキビやサトウダイコンからつくります。食酢やみりんは、穀類を発酵させてつくります。

白あんは、種子が白色のインゲンを使います。

インゲンはサヤインゲンとして食べます。エンドウは、未熟な種子をサヤからはずして、グリーンピースとしてたべます。サヤごと食べるスナップエンドウは、アメリカから導入された、エンドウの品種です。

育てた環境に着目します。「世話をせずに放って」おいたので、水やりの頻度は少なかったと考えます。ラッカセイは、病虫害に強く、水やりは少な目でよく、日当たりがよい場所でよく育つことがわかります。実際には、根に根粒菌がいて、空気中の窒素を肥料とすることができるので、人の手によって肥料を与える必要がありません。

問3

(生物)身近な昆虫に関する問題。
野原にいるような種類だけでなく、ゴキブリのように、ヒトと共存しているものも含んでいて、普通部らしい問題といえます。

①はアカトンボ、②はカブトムシ、③はナナホシテントウ、④はトノサマバッタ、⑤はオオカマキリ、⑥はクロゴキブリです。完全変態か不完全変態か、冬越しのようすはどうかといった基本の知識は、おさえておきましょう。特に完全変態の昆虫は、幼虫と成虫で食べ物が大きく異なることが多いので、注意が必要です。

樹木の樹液に集まる昆虫は、カブトムシやクワガタのほか、カナブンやオオムラサキがあります。オオムラサキは、日本の国蝶です。

アカトンボは水中、カブトムシ・トノサマバッタは地中、ナナホシテントウは葉の裏、オオカマキリは草の茎や木の枝、クロゴキブリは人家などに産卵します。

夏から秋に草むらで、成虫が飛んでいるすがたが見られることから、アカトンボと考えられます。アカトンボは、群れをなして、さまざまな場所に移動して夏を過ごし、秋になると産卵場所に戻って交尾・産卵をます。

基本的な昆虫のすがたを、絵に描けるようにしておきましょう。特に、あしの数、羽の形やつきかたは、かき分けられるようにしておきましょう。

人家の中や付近は、生ごみなどのエサが豊富で、一年中あたたかいので、過ごしやすい環境といえます。

問4

(地学)月の見え方に関する問題。
望遠鏡で月の表面を観察し、これまでに起こったことを考察する問題です。未知の知識を含む部分は、作問者の意図を推し量りながら考えます。

望遠鏡は、上下左右が逆に見えます。顕微鏡も同様です。基本の知識ですから、確実に得点すべき問題です。

図1は、望遠鏡で観察したものですから、実際の月は、上弦の月です。上弦の月は、夕方に南中します。

(サ)ある時期、月で発生したマグマが、深いクレーターの底から噴出して、クレーターを平らにうめたところを、月の海といい、玄武岩の黒色をしています。
(シ)クレーターは、隕石が落下してできたくぼみですから、その分布は均等ではありません。
(ス)遮光板が必要なのは、太陽を観察するときです。
(セ)日食は、太陽の前を月が横切る現象です。

地球にも、隕石が落ちると、クレーターができます。しかし、火山活動や地殻の変動、水の流れのはたらきなどで、大地のようすが変化するうちに、目立たなくなりました。

3の(サ)を参照。

合否を分けた一題で取り上げます。

合否を分けた一題

見たことがない題材についての問題に取り組むとき、圧倒的に知識がない場合であっても、とにかく、手さぐりで進むしかありません。では、何をてがかりにすればよいのでしょうか。
実は、ここで、着目すべきは、3~6の問題の流れそのものになります。
3~5の小問に取り組んだ結果、おさえておくべきことがらは、
①クレーターは、月面のいたるところでできている。
②月のクレーターは、地球とちがって、消えることがない。
③月の海は、かつて、マグマで埋められたところである。
の3つです。

問4

この問題では、「大地がつくられた順」たずねています。
…「大地がつくられた順」がちがうというのは、どういうことでしょうか?
ここで、図3の区切られた地域A~Dの、クレーターの数のちがいに着目します。
①・②をそのままに考えると、時間が経てばたつほど、クレーターの数は均等に多くなるはずです。
しかし、大きさの大小はあるものの、Aは5.5個、Bは0個、Cは4個、Dは2個と、数にちがいがあります。なぜ、このようなちがいがあるのでしょうか?
A~Dは、どれも月の海の中の土地です。そこで、それぞれマグマで埋められた土地であり、噴火の時期が、それぞれちがうのではないかと推測できます。それが、つまり、「大地がつくられた順」にあたるのです。つまり、クレーターの数は少なければ、土地は新しく、クレーターの数が多ければ、土地は古いのではないかと、考えることができるのです。
クレーターの数を数えることを、クレーターカウンティングといいます。これは、月面のある地域のクレーターの数を数えて、その地域にどれくらいクレーターが密集しているかを調べる方法です。
いろいろな仮定がなければ成り立たない手法ですが、問題解決の方法の一つとして、おおざっぱな予想であっても、ある程度の整合性があることがあります。そういった手法の一つとして、取り組んでみましょう。

著者:
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


慶應普通部合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

慶應普通部入試対策・関連記事一覧

慶應普通部入試対策・同じ教科(理科)の記事

慶應普通部入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP