| 新規会員登録

算数

女子学院中入試対策・算数担当講師から女子学院中学入学を目指す受験生へのアドバイス

2010年度入試では、国語で出題されないはずの物語文が出題されたり、社会でJG初の出題形式が見られたり、と傾向に大きな変化が見られました。そのため、動揺して立て直せなかった受験生が少なからずいたようです。

算数はと言うと、2009年度・2010年度と2年連続で1枚目に時間を取られる傾向が続き、従来の軽い1枚目からの脱却を匂わせつつあります。来年度もその傾向が踏襲されるのか、従来のスタイルに戻るのか。どちらにしても、これまで述べてきたような学習を積んでいれば、落ち着いて対応できるはずです。

今後、たとえ算数で出題傾向に変化があったとしても、自分一人の身に起きているわけではありません。受験生全員が同じ問題を解くので、条件は同じです。その程度のことでは動じず、逆に「みんな焦っているだろうな~、チャンスかも」と思えるぐらいの図太さが、JG志望者には必要かもしれませんね。

女子学院中学の傾向分析」の冒頭で述べたように、JGの算数は一見すると取り組み易い印象を抱きます。しかし、ソフトなのは見た目だけ。それに騙され、6年の秋頃になると「算数が苦手だから」という理由で志望校をJGに変更してくる上位生がいます。残念ながら、そのような安易な考えでは、入試本番で容赦なく弾き飛ばされてしまうでしょう。

JGを目指すのであれば、“相応の覚悟”と“個々の戦略”が必要。

「算数が苦手だから」ではなく、「苦手な算数を絶対に克服する」という心意気ならば、時期が遅くとも間に合う可能性はありますよ。

JGに心底憧れ、懸命に努力をし、真の実力をつけた皆さんが、合格を手中に収めることを心から願っています。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (4 投票, 平均値/最大値: 4.50 / 5)
Loading ... Loading ...


女子学院中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

女子学院中入試対策・関連記事一覧

女子学院中入試対策・同じ教科(算数)の記事

女子学院中入試対策・同じテーマ(講師から受験生へ)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP