| 新規会員登録

算数の塾別学習法の提案

女子学院中入試対策・塾ごとの算数の学習法の提案(サピックス生)

SAPIX 5年生

SAPIXは他塾に比べて算数の進度が速く、算数の学習量が一気に増加します。およそ2倍~2.5倍になるため、相応の家庭学習時間が必要になります。そのペースに慣れるためにも、算数Bを学習の主軸に据えた1週間のスケジュールを早期に確立したいところです。その週のカリキュラム内容はその週のうちに理解・定着させるのが鉄則です。

5年生前期は数の性質、速さ、割合といった重要単元以外に、点の移動、量の変化といった複数の分野が融合した単元もあり、内容が難しく感じられるかもしれません。ただ、JGを見据えた場合に、最も重要なのは夏休みからの比の学習です。5年生後期には速さと比、平面図形と比といったJG頻出単元がカリキュラムに組み込まれているので、いつも以上に丁寧な学習を心掛けましょう。

算数の授業曜日が校舎や在籍クラスによってまちまちであるため、どの曜日に何をこなすべきかは各自異なりますが、学習スタイルにつき一つのモデルケースを示すと、以下のようになります。

①『基礎トレ』は日付通りに1日1ページずつ。絶対に軽視しないこと。1週間同じ内容が続くので、1日目は時間無制限で正しい理解に努め、2日目以降は制限時間を設けて取り組む。立体図形の鬱陶しい計算が絡む問題が収録されている回を除き、おおまかな目安10以内。JG志望者にとって、スピード練習の素材としては最適。
②授業があった日は必ずその日のうちに『デイリーサポート』表面(おもてめん)で復習。どうしても時間が取れない場合は問題を解くのは翌日にして、『デイリーサポート』を見返して、授業で解説された内容を頭の中で反芻するだけでも良い。
③授業の翌日に、再度『デイリーサポート』の裏面での解き直し。理解が完全なものか確認する。Eプリントの理解できない問題は無理に覚え込むことはせずに、5年生では一旦保留にする。
④土曜日・日曜日に『デイリーサピックス』も併用して、その週の学習を完了させる。★★までは必須、★★★も可能な限り解けるようにしておく。思考力問題は除外して構わない。
⑤デイリーチェック(H)・基礎力定着テストともに85%以上の得点が必要。
⑥授業内テストの解き直しは平日の授業のない日に行う。手こずるようであれば、『デイリーサポート』に戻って該当問題を解き直す。
⑦各単元の学習時期に合わせ、併行して『BASIC』に取り組む。
土曜日・日曜日に2ヶ月前と3カ月前の『デイリーサポート』を復習する。5年生の土日を既習単元の復習時間として有効に活用すること。

SAPIX 6年生前半

5年生から6年生への移行時期には、難易度の上昇に戸惑う生徒が多いでしょう。
通塾曜日が変わり、取り扱う教材も増え、新たな1週間の学習スケジュールを構築する必要があります。
ただ、算数Bを学習の主軸に据える点に変わりはありません。平常授業の学習内容を完全に理解し定着させることが最優先です。

前述の5年生の学習スタイルのうち、①②③④⑤⑥は6年生になっても同様です。⑦は不要でしょう。⑧の復習は6年生だと日曜日に行うことになります。追加すべき点として、以下の内容が挙げられます。

⑨土特は問題演習に終始するため、ここでの苦手分野の克服は期待薄。得意分野の演習を積み、より強固なものにするという捉え方をすべき。全てに手をつける必要はなく、授業中に間違えた問題のみ、家庭で解き直しができれば十分。
⑩平常授業内での『入試問題演習』も、土特と同様の取り組み方をする。
⑪平常授業内での『分野別補充プリント』はJG志望者にとって重要。ポイントを踏まえた正しい解説を受けた後に定期的に反復すれば、非常に効果的。平面図形の演習量を確保できる。
⑫月刊誌『中学への算数』の「レベルアップ演習」に載っている数・図形・文章題に取り組めれば、十分なアドバンテージとなる。

特に⑪の『分野別補充プリント』は重宝します。ただし、あくまでも正しい解説を受けることが前提。これを自力で使い回しても効果は薄いでしょう。平面図形と比における“10個の基本図形と8種類の解法ツール”を叩き込んだ上で、定期的に反復するスケジュールを組みます。

また、JG頻出の速さと比について一言。

『デイリーサポート』については「510-37ニュートン算」が5年生最後のテキストになりますが、かつてはその後に「510-38速さに関する問題」というテキストが存在しました。速さと比の基本問題としては使い勝手の良い内容のテキストです。「510-22旅人算」から「61-06速さ(1)」まで間があき過ぎるので、新6年の平常授業が始まる前の入試休み期間中に、この「510-38速さに関する問題」に取り組ませることで上手くつなげることができます。さらに、「61-06速さ(1)」を終えてからは、適宜問題演習を組み込んでいきます。

ゴールデンウィークのGS特訓については、質・量ともにハイレベルの演習に打ちのめされて帰宅するはずです。校舎によっては桜女クラスという設定で、JG志望なのに演習の半分は桜蔭中の問題を解くケースもあり、なかなか大変な思いをします。ただ、来年の2月1日にはこのレベルまで自分を引き上げなければならないという厳しさを実感することに意義がある講座ですから、悲観せずに、割り切って取り組みましょう。

授業中に間違えた問題のみ、とは言っても相当な数になるでしょうが、その日のうちに家庭で解き直しをして下さい。

志望校判定サピックスオープンは、JG志望者ならばAで120点または偏差値65を目標に臨みましょう。Bはひどくない程度の得点で十分です。

『塾ごとの算数の学習法の提案(サピックス生)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (11 投票, 平均値/最大値: 4.64 / 5)
Loading ... Loading ...


女子学院中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

女子学院中入試対策・関連記事一覧

女子学院中入試対策・同じ教科(算数)の記事

女子学院中入試対策・同じテーマ(塾ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP