| 新規会員登録

算数の合否を分けた一題

開成中入試対策・算数の合否を分けた一題(2012年度)

平成24年度 出題別難易度

1(1)A(2)A(3)B
2(1)B(2)B
3A
4(1)A(2)B(3)B(4)C

A…開成中学合格を目指すなら確実に得点したい問題
B…知識、解法次第で、得点に大きく差がつく問題
C…難易度、処理量から判断して、部分点を拾えればよしとする問題

寸評


(1)
問題文の条件をていねいに整理するだけの易しい問題です。確実に正解する必要があります。

(2)
(1)と同様、条件を整理した上で、丁寧な計算を心掛けることが必要です。ここでの失点も必ず避けたいところです。

(3)
やや処理量が多い問題です。合計金額に注目することで、計算量を減らしたいところですが、制限時間を考慮すると後回しにするという判断でも良いでしょう。計算式において、常に単位を意識することでミスを防ぎましょう。


(1)
辺の比と面積比の関係の利用や、補助線の感覚など、算数の演習量に基づいた着眼点が問われる難問です。

(2)
(1)が出来れば決して難度が高い問題ではありませんが、回転体と比の感覚が求められます。


標準的な不定方程式です。
問題文が2通りに解釈できますが、いずれにせよ今年の出題の中では確実に得点したい問題です。丁寧な作業を心掛けましょう。


(1)
題意を読み取ることが出来れば、確実に正解できるでしょう。易しいです。

(2)
書き出していくことで、すぐに規則に気づくことが出来るでしょう。開成中学志望者なら確実に正解しておきたい問題です。

(3)
約数、倍数、素数など整数に対する感覚が問われます。実力差がつく問題です。

(4)
作業量が多く、時間内に完答することは難しいかもしれません。部分点を確実に稼ぎましょう。

『算数の合否を分けた一題(2012年度)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (13 投票, 平均値/最大値: 4.31 / 5)
Loading ... Loading ...


開成中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

開成中入試対策・関連記事一覧

開成中入試対策・同じ教科(算数)の記事

開成中入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP