| 新規会員登録

合否を分けた一題

駒東中入試対策【合否を分けた一題】一覧

過去に出題された問題から、その年の受験生のレベル等考慮し、合否を分けたと考えられる問題を詳細に解説します。

算数の合否を分けた一題(2009年度)

平成21年 合格者平均が120点満点で90点を超えるという高得点勝負で、ミスが許されないという点では厳しい受験になりました。 1・3は駒場東邦の合格を目指す受験生ならば、全問正解しておきたい内容です。 2は知識の有無で所 [...]

[算数の合否を分けた一題(2009年度)の詳細はこちら >>]

算数の合否を分けた一題(2013年度)

平成25年度 出題別難易度 1(1)①A ②A (2)A 2(1)A (2)A (3)A 3(1)A (2)B (3)C 4(1)A (2)C (3)C A…駒場東邦中合格を目指すなら確実に得点したい問題 B…知識、解法 [...]

[算数の合否を分けた一題(2013年度)の詳細はこちら >>]

算数の合否を分けた一題(2015年度)

難易度分類 1 (1)A (2)①A ②A (3)①A ②A (4)C 2 (1)A (2)B (3)C 3 (1)B (2)C 4 (1)アA イB ウB エB (2)①B ②C A…駒場東邦中合格を目指すなら、確実に [...]

[算数の合否を分けた一題(2015年度)の詳細はこちら >>]

算数の合否を分けた一題(2016年度)

難易度分類 1 (1)アA  イA  ウB  エB  オB  カB  キB (2)B  (3)B 2 (1)A  (2)B  (3)B 3 (1)B  (2)B  (3)B 4 (1)A  (2)①B ②B  (3)C [...]

[算数の合否を分けた一題(2016年度)の詳細はこちら >>]

国語の合否を分けた一題(2010年度)

今年の入試問題全体の設問別難易度 問一~問十、十二→標準 問十一、十三→応用 全体的には標準~応用レベルで、最難関校の中では比較的取り組みやすい問題が多い。 その中で、合否を分けた問題として一題挙げるとすると、問十三であ [...]

[国語の合否を分けた一題(2010年度)の詳細はこちら >>]

国語の合否を分けた一題(2012年度)

今年の入試は、昨年度(2011年)と同様、女の子が主人公の物語文であった。 駒場東邦中は、同世代の小学生が主人公の物語文をよく出題する。 そのせいか、テーマは友情であったり、家族の愛情であったりと身近のものが多いのが、特 [...]

[国語の合否を分けた一題(2012年度)の詳細はこちら >>]

国語の合否を分けた一題(2013年度)

本年度の出題は小学生の男の子を主人公とした作品で、同世代の受験生には共感しやすい内容であった。年度によっては女の子が主人公であったり、家庭問題や複雑な人間関係が背景にあったり、精神的に大人っぽい受験生でないと、少々読みづらい物語である場合もあるので注意したい。

[国語の合否を分けた一題(2013年度)の詳細はこちら >>]

国語の合否を分けた一題(2015年度)

難易度分類 問一A 問二A 問三A 問四A 問五A 問六B  問七B 問八B 問九B 問十B 問十一B 問十二B 問十三C A…駒場東邦中合格を目指すなら、確実に得点したい問題 B…知識や文脈力、論理的思考力で、得点に大 [...]

[国語の合否を分けた一題(2015年度)の詳細はこちら >>]

社会の合否を分けた一題(2009年度)

総評 新潟市を題材とした地理・歴史のユニークな総合問題や、図表から参議院の選挙区の一票の格差や有権者の意見が国政にどれだけ反映されたかを読み取らせるような「思考力」を問う問題が出題されたため、入試四教科の中で一番低い点数 [...]

[社会の合否を分けた一題(2009年度)の詳細はこちら >>]

社会の合否を分けた一題(2012年度)

難易度表 1 問1  ア 資料読み取り A イ 資料読み取り A ウ 資料読み取り A 問2  (1)記号選択 A (2)記号選択 A 問3 (1)資料読み取り B (2)記入問題   A 問4 記号選択 A 問5 (1 [...]

[社会の合否を分けた一題(2012年度)の詳細はこちら >>]

社会の合否を分けた一題(2013年度)

 昨年度(2012年度)は「東日本大震災」に関するリード文から、地形の特徴やメディアの特性、東北地方の関連問題、災害に関する歴史などが出題されました。例年に比べて時事問題に直接的に関連した出題が中心でした。
 本年度(2013年度)は「静岡県」に関するリード文でしたが、静岡県に直接的に関係する問題ではなく、静岡県の話題を切り口とした地理・歴史・公民の各分野の一般的出題が中心でした。標準的な出題傾向に戻ったと言えるでしょう。

[社会の合否を分けた一題(2013年度)の詳細はこちら >>]

社会の合否を分けた一題(2016年度)

難易度分類 A…易しい(駒場東邦中合格を目指すなら確実に正解すべきレベル) B…標準的(ややまぎわらしいが落とせないレベル、ここで差がつく問題) C…難しい(受験者の大半ができないため差はつかない問題) 問1 (1)知識 [...]

[社会の合否を分けた一題(2016年度)の詳細はこちら >>]

理科の合否を分けた一題(2010年度)

2010年度の駒東中理科入試問題 大問1は例年変わりませんが、小問集合で基本的に全問正解すべき問題です。但し、知識の問題は分からないのであればとばして先に進むのが効率的でしょう。 それ以降の問題では、2010年度は大問2 [...]

[理科の合否を分けた一題(2010年度)の詳細はこちら >>]

理科の合否を分けた一題(2012年度)

今年の駒東、形式、内容傾向、難度ともほぼ例年通りでした。 ところどころに思考力を必要とする問題がちりばめられており、やや詳しい知識も要求されています。 設問ごとに見ていきます。 [1]小問集合 駒東で意外とやっかいなのが [...]

[理科の合否を分けた一題(2012年度)の詳細はこちら >>]

理科の合否を分けた一題(2013年度)

本年度も大問5題の構成で、小問集合と地学、化学、生物、物理の各分野からそれぞれ大問が1題出題されました。
1は小問集合で、人体・植物、天体、実験操作、電流、気体の性質などに関する基礎知識を問う問題でした。2は台風に関する問題でした。

[理科の合否を分けた一題(2013年度)の詳細はこちら >>]

理科の合否を分けた一題(2016年度)

難易度分類 [1] (1) A  (2) ① A  ② A  ③ A  (3) B  (4) C (5) ① あ A  い B  ② A  (6) B  (7) B  (8) ① A  ② B [2] (1) B  (2 [...]

[理科の合否を分けた一題(2016年度)の詳細はこちら >>]


PAGE TOP