| 新規会員登録

理科の時期別学習法の提案

駒東中入試対策・時期ごとの理科の学習法の提案(6年生)前半

まだ新しく学習する内容が残っている一方で、5年生で習った範囲の復習もしなければならない時期です。
夏休みからスムーズに過去問演習に入っていくためには、7月までに基礎的な知識と標準的な問題は抑え直しておくべきです。
5年生時のテキストや問題集を使えば十分ですが、早めに総括的なテキストを利用しても構いません。
四谷大塚の『四科のまとめ』は、毎年7月発売ですが、大きな改訂が行われているわけではないので、前年度のものを購入して取り組んでも問題ないでしょう。
『四科のまとめ』は、参考書として使うには適しませんが、上位生の知識確認には適しています。
ただし、どうしても塾の課題に追われて余裕がないという場合は、カリキュラムに集中した方が良いでしょう。
特に、力学範囲は、輪軸や滑車とてこを組み合わせた複雑な問題の練習をするので、力を入れてやって下さい。
ドクターの授業では、カリキュラムを進めていくのと並行して、基礎知識の復習を行います。
忘れている部分を思い出し、夏期講習に入った段階で過去問演習を始めるためです。
また、記述に関しては、より高度な問題に取り組んでいきます。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading ... Loading ...


駒東中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

駒東中入試対策・関連記事一覧

駒東中入試対策・同じ教科(理科)の記事

駒東中入試対策・同じテーマ(時期ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP