| 新規会員登録

著者プロフィール

伊達 直人先生(ペンネーム)


元CAP講師: 【国語・社会・理科】のエキスパート

「最高レベルの国語・社会・理科担当」 国語・社会・理科の御三家対策ならこの先生にお任せ!
これまで算数、国語に定評があった当塾ですが、毎年生徒数が倍々に増えている状況を踏まえ、いよいよ!本格的な中学受験専門の「社会のプロフェッショナル」として伊達先生を迎えることができました。ご本人も言われているように、「究極の完全オーダーメード授業へのこだわり」と、「社会を得点源にする独自の指導法」をも確立されています。大手塾講師経験者ですので、難問を黒板上でスラスラ解説できることは当たり前ですが、早稲田大学大学院の商学研究科の博士課程まで出られただけあって、奥行きの深い講義内容が人気の秘密となっています。また講義力だけではなく、子供1人1人に親身になって指導してくれる個別指導塾向きの先生のため、当社代表が惚れこんで、CAPからヘッドハンティングしました。 個別指導ドクターでは、社会を中心に国語の授業を担当していただいています。

伊達 直人 先生の著作一覧

社会の合否を分けた一題(2010年度)

武蔵中学の合否を分けた一題(2010年度第1回) 総評 例年、大問が1題のみで、総説問数は10問以内です。解答形式は一部記入問題を除けばほとんど字数制限なしの記述問題です。 分野別には、地理、歴史、公民のうちのひとつ分野 [...]

[社会の合否を分けた一題(2010年度)の詳細はこちら >>]

時期による社会の学習法の提案(5年生)

5年生まで 基本的に各塾のカリキュラムにしたがって5年前半に地理、5年後半に歴史の分野を学習します。後半の歴史は暗記する量が地理より格段に増えますので、5年生の前半の早い時期に、復習中心の学習ペースを確立しましょう。 地 [...]

[時期による社会の学習法の提案(5年生)の詳細はこちら >>]

時期による社会の学習法の提案(6年生)夏休みまで

6年生前半まで 公民の分野を学習していきます。5年生までと同様に、各塾のカリキュラムに沿って学習ペースをきっちり守っていくことが大切です。 政治・経済・国際・時事問題というように公民の分野はこれまでの歴史・地理より抽象度 [...]

[時期による社会の学習法の提案(6年生)夏休みまでの詳細はこちら >>]

時期による社会の学習法の提案(6年生)秋以降

6年後半 夏休みに地理・歴史・公民の総復習を行います。秋口からは過去問演習をはじめます。そして、模擬テストを受けていきます。 総復習には5年上下と6年上のテキストを読み返すのもいいですが、「四科のまとめ」や「メモリーチェ [...]

[時期による社会の学習法の提案(6年生)秋以降の詳細はこちら >>]

塾ごとの社会の学習法の提案(サピックス生)

「デイリーサピックス」は授業時の講師の説明を前提にした復習用教材として書かれていますので、知識がややもすると断片的・細切れになる傾向があります。 つまり、デイリーサピックスはそれだけで完結したテキストではありません。した [...]

[塾ごとの社会の学習法の提案(サピックス生)の詳細はこちら >>]

塾ごとの社会の学習法の提案(日能研生)

社会の「本科教室」は内容的には体系的によくまとまっています。 ただし、印刷がすべて白黒で視覚的にややおもしろみにかけます。その点、「予習シリーズ」はふんだんにカラー写真や図表があって見やすくかつ読んでいて楽しい教材です。 [...]

[塾ごとの社会の学習法の提案(日能研生)の詳細はこちら >>]

塾ごとの社会の学習法の提案(四谷大塚生)

まず、知識のインプットですが、「予習シリーズ」5年上下6年上の知識を完全に定着させましょう。 テキストの太字になっている用語はいうまでもないですが、「ひとくちメモ」、「関連することがら」、「学習を深めるページ」「テキスト [...]

[塾ごとの社会の学習法の提案(四谷大塚生)の詳細はこちら >>]

塾ごとの社会の学習法の提案(早稲アカ・栄光ゼミナール生)

「Wベーシック(新演習)」は「予習シリーズ」に準拠した問題集です。ですから、各単元のはじめの解説・要点は、「予習シリーズ」のまとめとしても使用可能です。 各単元は、「トレーニング」、「基本問題」、「練習問題」の三段階にな [...]

[塾ごとの社会の学習法の提案(早稲アカ・栄光ゼミナール生)の詳細はこちら >>]

社会の合否を分けた一題(2012年度)

難易度表 1  問1 資料読み取り A 問2 (あ)記入問題(知識) A (い)記述問題(理由) B 問3 記述問題(理由) B 問4 記入問題(知識) A 問5 記入問題(知識) A 問6 (あ)記入問題(知識) A [...]

[社会の合否を分けた一題(2012年度)の詳細はこちら >>]


PAGE TOP