| 新規会員登録

著者プロフィール

松岡 葵先生(ペンネーム)


元日能研講師; 【理科】のエキスパート 理科の男子・女子御三家対策ならこの先生にお任せ!

これまで算数、国語、社会に定評があった当塾ですが、毎年生徒数が倍々に増えている状況を踏まえ、いよいよ!本格的な中学受験専門の「理科のエキスパート」として松岡先生を迎えることができました。
先生がおっしゃっているように「理科は"知識"を使って"考える"科目」です。動植物のつくりや水溶液などの"知識"がなければ、そもそも始まりませし、"考え方"を知らなければそもそも考えられません。松岡先生は、「自宅学習時に重要となる"暗記方法"や"覚えるコツ"さらには"考え方"なども伝授」してくださるきめ細かい指導が大人気の先生で、「理科が苦手なお子さんや、逆に理科を得点源にしたいお子さんも、この先生にお任せください!」とまで断言できる先生です。当社代表が惚れこんで、ヘッドハンティングした元日能研の「中学受験理科のエキスパート」で、個別指導ドクターで授業を担当していただいています。

松岡 葵 先生の著作一覧

理科の出題傾向分析

武蔵ほど独特の入試問題を出す学校はないでしょう。 例年構成はほぼ同じで [1]にグラフや文章などの資料を読み取っていく問題、もしくは生物の実験(その場で考えるもの) [2]に小問集合(総合問題) [1]と[2]は順番が逆 [...]

[理科の出題傾向分析の詳細はこちら >>]

理科の合否を分けた一題(2010年度)

H23はおみやげ問題以外ではあまり差がつかなかったと思われますので、ここではH22の[2]を扱います。 文章と図の資料を読み取って考察する、武蔵らしい問題です。 [A](エゾシカについての問題) 問1 ・明治以前には10 [...]

[理科の合否を分けた一題(2010年度)の詳細はこちら >>]

理科の合否を分けた一題(2012年度)

2012年度の武蔵中、問題の形式も難度もほぼ例年通りでした。 [1]植物 Ⅰ知識 Ⅱ光合成の実験 Ⅰは基本、Ⅱは一部が思いつきにくいものでしたが、全体としては標準問題ですので、ここではあまり差がつかなかったことでしょう。 [...]

[理科の合否を分けた一題(2012年度)の詳細はこちら >>]


menu_school

算数

国語

理科

社会

プロ講師募集

お問い合わせ

PAGE TOP