| 新規会員登録

算数の時期別学習法の提案

武蔵中入試対策・時期による算数の学習法の提案(5年生)

5年生の学習方法

5年生のうちは各塾の上位クラス(最上位クラスである必要はありません)に在籍し、塾内のカリキュラムに沿って学習していくだけで十分です。比を学習する以前の段階で、難易度の高い問題演習に取り組んでも、さほど大きな効果はないでしょう。

毎週の学習内容を正しく理解し、レベルに合った問題演習を積み、定期的に既習内容の復習に取り組む、という当たり前のことをこなして下さい。また、処理速度を上げるための適切な計算方法を身につけるのも5年生のうちです。0.035×1200 をそのまま計算している生徒は要注意です。

4年生から5年生になると、どの塾も必要な学習量が一気に増えるため、新5年生の2月は学習ペースをつかむのが難しいかもしれません。まずは、春休みまでを目途に、自分なりの1週間の学習スケジュールを確立させましょう。

ドクターの個別指導だけで算数の授業を受けている生徒に対しては、入試本番まで私が1週間の学習スケジュールを毎週作成し、実行してもらいます。

(1)各分野において基礎を固める、(2)暗算力も含めて骨太な計算力を身につける、ことを年間の目標に掲げて、日々の学習に取り組んでいきましょう。

この記事は役にたちましたか?


武蔵中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

武蔵中入試対策・関連記事一覧

武蔵中入試対策・同じ教科(算数)の記事

武蔵中入試対策・同じテーマ(時期ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP