| 新規会員登録

理科の合否を分けた一題

桜蔭中入試対策・理科の合否を分けた一題(2012年度)

桜蔭2012年度で合否を分けたのは、Ⅲでしょう。
Ⅰは標準的な太陽と植物の混合問題。
Ⅱは桜蔭志望者なら見慣れた気体発生の計算。特にⅡはサービス問題といってもよいでしょう。
Ⅰ、Ⅱ、は桜蔭志望なら出来て当たり前。
Ⅲが難しかったので、ここでどれだけ粘れたかが勝負を分けた入試問題でした。
解説に移ります。

問1
(1) ポイントは「板を」動かしたところです。スクリーンを動かさないように!
ここでは、自分で図がかけるかが勝負です。
図1

2012_rika1

板を3cm動かすと図のようになります。
①=3cmですから、豆電球からスクリーンまでは「⑧=24cm」です。

(2) 板を動かしても、豆電球からスクリーンまでの距離は変わりませんから、明るさは変わりません。よって、「ウ」

問2 豆電球を真上に動かした図をかきます。
図2

2012_rika2

豆電球を上に動かしても豆電球から板およびスクリーンまでの距離は変わりませんから、明るい部分のたての長さは図のように10cmになります。
横の長さはもちろん変わりませんから10cmのまま→円になります。
また、図のように明るい部分の位置は下がります。
1 ア.円
2 ウ.変わらない
③ イ.下がる

『理科の合否を分けた一題(2012年度)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


桜蔭中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

桜蔭中入試対策・関連記事一覧

桜蔭中入試対策・同じ教科(理科)の記事

桜蔭中入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP