| 新規会員登録

理科の時期別学習法の提案

桜蔭中入試対策・時期による理科の学習法の提案(6年生)夏休み

6年生夏休み

7月の通常授業までで、どこの塾でもひと通りのカリキュラムが終わります。夏休みに入ったら早めに過去問に取り組み始めましょう。
過去問を進めながら、穴が見つかった場合は、上記の『四科のまとめ』『コアプラス』などを利用して、再度基本の徹底確認をしてください。
1学期に行った、処理速度向上練習は、1周目が終わり次第、2周目、3周目に入って下さい。徐々にスピードと正答率を上げて行きましょう。
夏休みを逃してしまうと、知識の穴の埋め直しは非常に難しくなります。“必ず”やっておくことです。
これが出来たか否かで、9月以降の模試の結果が大きく違ってきます。
ドクターでは、授業中に過去問を扱います。家でやってもらうよりも、講師から見て、問題点が見つけやすいためです。
そうして、生徒ひとりひとりの足りないところを確認し、復習に反映させていきます。

また、余裕のある生徒には、実際の桜蔭中学理科には必要のない難度の問題にも取り組んで貰います。少し負荷をかけて、実際の入試問題を楽に感じてもらうためです。運動選手が大会前に高地トレーニングを行うようなものです。秋以降の模試の結果も良くなりますし、精神的な安定にも役立ちます。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


桜蔭中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

桜蔭中入試対策・関連記事一覧

桜蔭中入試対策・同じ教科(理科)の記事

桜蔭中入試対策・同じテーマ(時期ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP