| 新規会員登録

理科の塾別学習法の提案

桜蔭中入試対策・塾ごとの理科の学習法の提案(四谷大塚生)

四谷大塚生の学習法

四谷大塚のテキストである『予習シリーズ』は解説も詳しく(詳し過ぎるきらいもありますが)、カラーの図表も多く使われているため、非常に有用ではありますが、演習問題量が少ないという弱点があります。勿論、そのために『演習問題集』等の補助教材がありますが、それでも充分ではありません。また、栄光ゼミナールや早稲田アカデミーに通う生徒は『新演習』『Wベーシック』という補助教材を使用しますが、理科の問題はやはりバリエーションも少なく、充分とは言えない内容であると言わざるを得ません。
という訳で、やはり市販のテキストなどを利用する必要があるでしょう。因みに、本来『予習シリーズ 6年下』に対応する問題集として発行されている『実力完成問題集』には、全範囲の実践的な問題が多く収録されています。早めに購入して応用問題集として使うのもアリでしょう。また、『最高水準ノート』は、上述の通りスピード向上の訓練にも適していますので、持って置いて損はないです。作図練習のページもあるので、ビジュアル的に物事を捉えるのにも役立つでしょう。

また、四谷大塚のテキストと週例テストは、出題の癖が強く、偏りがちな傾向があります。『新演習』『Wベーシック』も同様です。(『実力完成問題集』に関しては、過去問も多く取り入れられているため、少し毛色が違います。)このためにも、市販のテキストは有用ですし、他塾の公開テストや、首都圏模試センターのテストも出来る限り受けるようにしておきましょう。

四谷大塚生は、知識の確認には『四科のまとめ』を活用しましょう。上の方でも述べましたが、空欄が多い上に内容が細かすぎて、若干使いにくいテキストではありますが、桜蔭中の受験生にとってはこれくらいでもちょうど良いと考えられます。オレンジペン&シートやコピーを使って工夫すれば、使い勝手を改善できます。入試までに最低3回は通して、定着させましょう。

受験ドクターでは、本人の弱点を鑑みて、バリエーションを考えながら、講師が演習用の問題をピックアップしていきます。本質の理解を促しながら、演習に取り組むことで、本番の試験にも対応し得る能力を身につけて貰います。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


桜蔭中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

桜蔭中入試対策・関連記事一覧

桜蔭中入試対策・同じ教科(理科)の記事

桜蔭中入試対策・同じテーマ(塾ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



PAGE TOP