| 新規会員登録

算数の合否を分けた一題

桜蔭中入試対策・算数の合否を分けた一題(2012年度)

平成24年度 出題別難易度

1(1)AA (2)B
2(1)A (2)A
3(1)B (2)B
4(1)A (2)B (3)B
5(1)A (2)A (3)B
A…桜蔭中合格を目指すなら確実に得点したい問題
B…知識、解法次第で、得点に大きく差がつく問題
C…難易度、処理量から判断して、部分点を拾えればよしとする問題

寸評


(1)
桜蔭の計算問題は処理量が多いものの、合格のためには決して失点できません。
(2)
アは易しい典型問題ですが、イ・ウは小数と分数の関係を正しく把握し、題意を読み取る必要のある良問です。


(1)
回転体の典型問題です、桜蔭中志望者なら落とせません。
(2)
(1)と同様、基本問題です。確実に得点することが求められます。


(1)
問われ方が典型問題とは多少異なるものの、線分図等で条件を整理すれば、見慣れた基本的なニュートン算だと気づくことができるでしょう。
(2)
(1)で基本的なニュートン算だと気づいていれば易しいです。

(1)
桁数に注目する典型問題です。偶数という条件の整理の仕方がポイントでした。
(2)
桁ごとに計算する方法を思いつけば易しいですが、書き出して計算してもよいでしょう。
(3)
どの位に、いつ5が出てくるのか、緻密に条件を整理する必要があります。桜蔭らしい作業力が問われます。


(1)
条件に沿って計算するだけの易しい問題です。
(2)
□ABFEを図で整理するだけの易しい問題です。
(3)
(2)まで確実に正解していれば切断面は把握しやすいため、確実な得点が求められます。

『算数の合否を分けた一題(2012年度)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading ... Loading ...


桜蔭中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

桜蔭中入試対策・関連記事一覧

桜蔭中入試対策・同じ教科(算数)の記事

桜蔭中入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP