| 新規会員登録

算数の合否を分けた一題

早実中等部入試対策・算数の合否を分けた一題(2012年度)

難易度表

大問1 (1)A  (2)A  (3)A  (4)A
大問2 (1)A  (2)B
大問3 (1)A  (2)B  (3)B
大問4 (1)A  (2)A  (3)C
大問5 (1)B  (2)C
A:どこの塾でも教える問題で、短時間で解ける問題。
B:塾で教わっているが、解答に時間がかかる問題。
C:Bよりもさらに時間がかかる問題または塾で教わっていない問題。

早稲田実業では、毎年大問1で基本問題が出題され、続いて大問2で大問1より難しめの問題が、2つの分野から出題されます。ところが、今年は2問中1問で、N進法のやさしい問題が出題されました。この結果、算数の平均点が例年になく高くなりました。そこで、今年の大問2(1)は、合格のためには絶対に落としてはいけない問題だといえます。

たしかに、出題者側は小学生にとってN進法の理解は比較的難しいと考えたのかもしれません。しかし、この手の問題は簡単に解けます。
というわけで、以下「合否を分けた1題」として今年の大問2の中から(1)の問題を取り上げて解説します。

問題
(1) 次のように、図で数を表すことにします。

 

 

は1

 ○

 

 

は2

 ○

 

 

は3

 ○

 

 

は4

 ○

 

 

は5

 ○
 ○

 

 

は6

 ○

 

 

は9

 ○

 

 

10

次の①、②に答えなさい。

 ○
 ○  ○

 

 

 

が表す数を求めなさい。

『算数の合否を分けた一題(2012年度)』 >> 1 2 3
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (6 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading ... Loading ...


早実中等部合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

早実中等部入試対策・関連記事一覧

早実中等部入試対策・同じ教科(算数)の記事

早実中等部入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



menu_school

算数

国語

理科

社会

プロ講師募集

お問い合わせ

PAGE TOP