| 新規会員登録

国語

東海入試対策・国語の出題傾向分析

東海中国語の出題傾向は、物語文と随筆文のウェ-トが高かったのですが、最近は物語文・説明文の出題となりました。今後は、物語文や説明文が多く出題される可能性があります。内容は物語文が、子供に関するもの、説明文は社会的な問題を扱うものが多くなるでしょう。
また、物語文は、長文化する傾向があるので、読む時間と問題を解く時間の割合を考えて日頃から練習しておくことも大切です。

また、登場人物の心情や情景描写を適切に読みとる力、説明している内容を正確に読みとる力が問われており、記述問題や語彙力を問う問題が出題される。漢字は、とめ、はね、はらいまで採点の対象といえます。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


東海合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

東海入試対策・関連記事一覧

東海入試対策・同じ教科(国語)の記事

東海入試対策・同じテーマ(出題傾向分析)の記事

他校の同じ教科(国語)の記事



menu_school

算数

国語

理科

社会

お問い合わせ

PAGE TOP