| 新規会員登録

理科

東海入試対策・理科の出題傾向分析

東海中理科の出題傾向は、従来化学分野の出題の割合が多かったが、近年は従来少なかった生物分野の出題が多くなり、化学・物理・生物分野が均等(約25%)に出題されている。また、地学分野も19%と比較的多く各分野がバランス良く出題されている。

化学分野では、「水溶液の性質」、物理分野では「てこ・バネの問題」、生物分野では「植物の成長」、地学分野では「天気・気温の問題」などが中心に出題されている。 理科は比較的一般的な問題が多いが、近年の特徴として記述問題が特に多く、図を書かせる問題なども出題されている。
これらの問題は、単元に関する理解力や単元に関する特徴を明確に理解する必要があり、単に暗記だけでは対応できない問題が多い。

なお、詳しくは当会発行の「単元別中学入試問題集」の問題分析を参照下さい。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (13 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5)
Loading ... Loading ...


東海合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

東海入試対策・関連記事一覧

東海入試対策・同じ教科(理科)の記事

東海入試対策・同じテーマ(出題傾向分析)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



menu_school

算数

国語

理科

社会

お問い合わせ

PAGE TOP