| 新規会員登録

算数

東海入試対策・算数担当講師から東海中学入学を目指す受験生へのアドバイス

東海中学が誇れる素晴らしい点として「入試問題が秀逸である」ということです。基本題が多いのですが、理解度の深さを問われるものが多く、絶対に付け焼刃では対応出来ません。ですから、合格が見込める生徒がマグレで落ちることも少ないですし、逆に学力で劣る生徒がマグレで合格出来ることも非常に少ないです。予想通りの結果になります。
このことは、優秀な生徒の取りこぼしを少なくしているので、現在も東海が私立中学の盟主であり続けることが出来る要因になっていると思います。

また、勉強したい人に対しては先生は限りなく付き合ってくれる先生が多いです。勉強したくなければ、無理にさせることはありません。面倒見が良くないと言われることもありますが、これは当たっていないと思います。強制の追試や補習は少ないですが、希望すれば個別の対応をしてくれるので、画一的な指導をされるよりも、ずっと面倒見がいいと思います。

もちろん、勉強が出来なくても居場所のある学校です。文化祭で頑張ったり部活に一生懸命だったり、そういったことでも先生も評価してくれます。それもなく遊びまくっていても、先生に冷遇されたりすることはありません。

友達もいろいろと変わっている連中が多く、様々に影響し合うことが出来ます。とにかく全員が変人です。ということは、いじめは発生しにくいということです。変人はいじめられる宿命があると思いますが、全員変人なので誰をいじめてよいのか分からないということです。また、いじめなどつまらないことに興味を示す人間も少ないということです。

勉強の内容についても、非常に合理的なものになっています。少しお話します。
例えば、中学英語にprogressを使う学校も多いのですが、東海は絶対に手を出しません。受験に対応出来る英語力の習得を考えた場合、progressは合理性を欠くと思います。
数学も体系数学を使っていて、高校数学との連携を取っています。他の科目もオリジナルテキストを使っている場合も多く、高校との連携を重視しています。
(ただし、理科・社会ではちょっと無駄な部分はあると思います。)

文理分けと習得度別クラス編成が高2からあります。上位がA群、下位がB群と呼ばれています。高1の生徒の多くはA群を目指して頑張るのですが、B群になってしまったからといってA群に嫉妬したり、自分を卑下していたりすることは全くありません。私もB群でしたが、A群の生徒とも仲良くしていました。

B群だからといって指導内容がいい加減であったり優秀な先生がA群に偏ったりすることは全くありません。私の時代の話ですが、むしろB群の方が先生の質が良かったと思います。A群は先生が誰であっても大丈夫だということなのかもしれませんが。
お母様方も決して片意地張らないで、自然体でやっていくことが出来ます。お母様方が集まれば、自分の息子の馬鹿自慢を笑いながらします。
「うちの子はこないだ英語の点数が30点だったのよ~。まったく!!」
「うちの子なんて20点よ!!」
卒業してからも、同窓生との連携が強いです。いろんな仲間と今でも遊びにいったりします。私も仕事が忙しいのに麻雀に誘われて、徹夜をしながら翌日朝から授業をしたりしています。

この他にも有形無形に良い点はいろいろとあります。しかし、難しい点も当然あります。
一番の難しい点は、すべての面について自主自立、自己責任だということです。生活も勉強も人間関係も、自分で考えて自分で処置していくことが求められます。小学生の時に受身的な姿勢で勉強をしてきた生徒はとても苦労しています。
名進研のyellという雑誌があります。もし持っていらっしゃる方は、東海中学の子の文を読んでみるといいかもしれません。結構苦労しているんですよね。これは自主的な学習をしてこなかった結果であると感じます。

そして、繊細すぎる子供には東海は向きません。昔よりは穏やかになったとはいえ、現在でもずいぶん元気な学校です。授業中に教室にものが舞ったり、うるさくて先生の話が聞こえなかったりすることはよくあります。そんなことを気にする子供であったら、もしくはそんなことを気にするお母様であったら、東海は適しません。

もう一つ重要なことです。東海高校は浪人率が約4割です。仮面浪人(大学入学後も受験勉強を続ける人)を含めると、半数が浪人ということになります。
そもそも、東海では現役で安易に大学を選んでしまうということが好まれない風潮があると思います。努力を続けて、少しでもレベルの高い大学を目指したいという気持ちがあります。

東海中学は当地域のトップレベルの生徒を集めていますが、学校側は勉強する、しないは本人に任せています。そのため、入学当初から全く勉強しなくなるという生徒も残念ながらでるようです。

しかし、中途退学は殆どなく、単位を落とした生徒達に対しては、救済措置が講じられ、何とか全員進級はしています。数学の好きな生徒の割合は高いと思われますが、コツコツ勉強しなければならない文系教科が苦手な人もかなりいます。中学1年生の時にきちんと英語を学習しなかった人は、学年が進んでもなかなか成績が伸びず、大学進学では苦戦しているようです。

中学受験はどうしても、ネームバリューに目が行きがちですが、お子さんに本当に「東海中学」が合うのかどうかを十分吟味して、選択してくださいね。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (3 投票, 平均値/最大値: 3.33 / 5)
Loading ... Loading ...


東海合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

東海入試対策・関連記事一覧

東海入試対策・同じ教科(算数)の記事

東海入試対策・同じテーマ(講師から受験生へ)の記事

    同じテーマの記事はいまのところありません。

    ※ ただ今、当塾の講師陣が一生懸命執筆しております。
        執筆がすみ次第、随時公開いたします。
        今しばらくお待ちください。

    他校の同じ教科(算数)の記事



    menu_school

    算数

    国語

    理科

    社会

    お問い合わせ

    PAGE TOP