| 新規会員登録

算数の塾別学習法の提案

東海入試対策・塾ごとの算数の学習法の提案(日能研生)(2ページ目)

時期別学習内容

5年生前半までの学習

-学習姿勢のベース作り-

①基礎力を習得する(計算を含む)
②問題をきちんと理解する
③解法(途中式や図)を丁寧に書く
④授業をしっかりきく
⑤復習計画を立て、実行する

とにかくカリキュラムテストの点数を上げるため、解法のみを暗記する学習法は避けてください。また、安易に早く簡単に解ける解法に走ることなく、じっくり本質的な理解に重点を置いてください。

カリキュラムテスト、模試については、“MY NICHINOUKEN”を活用して、受験者の正答率が高い問題は必ずできるように復習することです。これができるようになったら難問に挑戦してください。

また、1回の復習に終わらせず、理解がすすまない単元や問題は別途ファイルしておいて1ヶ月おきや2ヶ月おきなど計画を立てて反復復習しましょう。

5年生後半の学習

-中学受験のベース作り-

5年生の後半から問題のレベルも上がり、難しい単元の導入も始まります。また、単元によってはこの時期は扱わず、6年生に入って習うものも多いのです。
そのため、塾の学習だけでは不十分で、通常の復習だけではなく、下記を意識した学習計画が必須です。

①この時期、扱わない単元の継続的な学習(数の性質、平面図形など)
②扱う回数が少ない単元の継続的な学習(規則性、場合の数など)

以上を1日数問でいいですから、触れておき、定着を図っておくと6年生で楽なります。塾の通常授業で「本科教室」をメインに解いてる場合は、この復習は「栄冠への道」を使用すればいいでしょう。
もっと詳しい解説が必要な場合は「四谷大塚予習シリーズ 小5上・下」など使うといいと思います。

この時期までに“MY NICHINOUKEN”などを活用して苦手単元やそのレベルを把握してください。
また、この段階で速さの問題は“ダイヤグラム”を簡単な問題でも使うように心がけ、基本的な理解をしておいてください。

6年生夏休みまでの学習

-中学受験 全範囲の総まとめ-

塾でも6年生の夏休みまでに、範囲・レベルともに中学受験の態勢づくりが完了します。塾の学習だけでなく、独自の学習も“総復習”が必須になってきます。

①苦手単元の克服
②今までわからなかった問題の解き直し
③5年生全般の単元の復習
④6年生前半の単元の復習

まず、苦手単元をなくすことが必須です。基本的には5年生のテキストを降り返って学習することが一般的ですが、日能研の場合、6年生のテキストは基礎から問題が構成されています。
苦手単元の「栄冠への道」ワンポイントアドバイスを読んで基本演習や問題研究、「本科教室」の基本問題、発展問題の、どれかを選んで復習しましょう。

また、この時期からカリテの難易度も上がり、5年生までの「復習型カリテ」から「復習および応用力育成型カリテ」へと移行します。そのため、栄冠への道と本科の復習では得点率が上がらないため別途、問題集を利用されることをおすすめします。

問題集の選び方のポイントは

①生徒さんに適した問題のレベル
②解説が本質的であること
③解説が丁寧なこと

です。その点、この2つの問題集は、レベルは難関校向け、特殊算に分類されにくい問題も含まれ、解説も、解きやすい解法を重視したものではなく、本質的なものになっていますので、基礎固めには適しています。
この問題集で苦手単元を見つけ、塾のテキストなどで基本に立ち戻り、強化するという使い方もできます。

6年生秋以降の学習

秋以降「志望校別日特」がはじまります。東海中学の入試に臨むための本格的な学習を行います。

大切なことは

①“日特”の授業の理解と復習
②過去の入試問題の実施
③「塾で教える算数」 シグマベスト (文英堂)

です。
①②は必須です。しかし、ただ受けるだけではなく、麻布中学の問題傾向を意識した学習が必要になります。

東海中学の問題は大きく次の3つに分かれます。

A その場で条件を与えられて、思考力を要求される問題
B 中学受験の典型的な解法によって解ける問題、あるいはその応用問題
C 思考力の定着具合

特に、東海中学は記述力を問う問題が多いため、Aのポイントが重要視されます。

『塾ごとの算数の学習法の提案(日能研生)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


東海合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

東海入試対策・関連記事一覧

東海入試対策・同じ教科(算数)の記事

東海入試対策・同じテーマ(塾ごとの学習法)の記事

    同じテーマの記事はいまのところありません。

    ※ ただ今、当塾の講師陣が一生懸命執筆しております。
        執筆がすみ次第、随時公開いたします。
        今しばらくお待ちください。

    他校の同じ教科(算数)の記事



    menu_school

    算数

    国語

    理科

    社会

    お問い合わせ

    PAGE TOP