| 新規会員登録

理科の時期別学習法の提案

豊島岡女子中入試対策・時期による理科の学習法の提案(6年生)秋以降

豊島岡中の次期別学習法の提案 6年生後半

ここからは過去問演習と知識の追加が中心になります。まず毎日15分、知識物の時間を作ってください。四谷大塚生は四科のまとめ、サピックス生はコアプラスでよいですが、日能研生はメモリーチェックでは足りません。追加テキストが配られればそれでよいですが、ない場合は「教養のための理科/受験編」がよいかと思います。最低三回繰り返して、1冊を完璧に覚えてください。動植物の名前、実験器具、水溶液や金属は最重要です。たまに詳しい知識も出る上、ライバルの知識量も多いですから、差をつけられないために、あるいは少しでも差をつけるために、出ない知識はないと思って、ひとつひとつ確実に覚えていってください。

知識ノートを作り、苦手なところをまとめるのもよい方法です。

過去問は10年分を2巡させてください。3巡目は、1回2回目で間違えたところだけでよいです。過去問を解く、および直す際の注意点を延べます。
選択問題…選択の理由があいまいなものは解いている段階でチェックして、正答誤答に関わらず直しの際に理由を確認することが重要です。豊島岡の問題で、いちばん難しいのは、実は選択問題だったりしますので、私の授業ではしつこくチェックします。

計算問題…物理で重要なことは主に着眼点と手順、化学で重要なのは問題文の整理です。私の授業ではここに重点をおき、徹底的に鍛えます。
クセのない問題ですが、女子校でここまで計算問題が出る学校はありません。傾向はずっと変わっていませんので、豊島岡が第一志望であれば、他の学校の問題で練習するよりも古いものまでさかのぼって解くことをお勧めします。
傾向が比較的近いのは桜蔭、大妻、共立あたりになります。

模擬試験は出来る問題を確実に、が最重要です。時間配分を考え、出来る問題を見つけ出し、持っている力で最大限の得点をしてくる練習です。そして、解きなおしで穴を埋めていってください。

塾での演習や宿題、模試では豊島岡では出題されない長文の記述問題があると思います。これに自宅で時間をかける必要はありませんが、知識としては役に立ちますので、ざっと復習するのがよいと思います。

過去問、塾のテキスト、模試で出てきた知らない知識は知識ノートにどんどん書き加え、詳しいノートにしていってください。直前期に見直すとこれだけやってきた、という自信にもなるはずです。

この記事は役にたちましたか?


豊島岡女子中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

豊島岡女子中入試対策・関連記事一覧

豊島岡女子中入試対策・同じ教科(理科)の記事

豊島岡女子中入試対策・同じテーマ(時期ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



menu_school

算数

国語

理科

社会

プロ講師募集

お問い合わせ

PAGE TOP