| 新規会員登録

理科の合否を分けた一題

芝中学入試対策・理科の合否を分けた一題(2020年度)

難易度分類

(1) A  (2) B  (3) A  (4) A  (5) B  (6) B(7) A
(1) A  (2) A  (3) B  (4) B  (5) B  (6) A(7) C 
(1) A  (2) A  (3) A  (4) B  (5) B  (6) B(7) A  (8) A
問1 B  問2(1)B  (2) B  (3) C  (4) B  問3 B問4 A
(1) B  (2) A  (3) A  (4) B  (5) B  (6) B

A…芝合格を目指すなら、確実に得点したい問題
B…知識、解法次第で、得点に大きく差がつく問題
C…難易度、処理量から判断して、部分点を拾えればよしとする問題

出題総評

昨年と同じく大問5つの形式で出題されました。物理・化学・生物・地学とバランスよく出題されてはいますが、難易度は昨年と大きな差はなく、難問というほどのものはないですが、知識単元・計算単元ともに一定レベル以上を要求されるような問題でした。

出題構成は、分野複合問題+各4分野から1題ずつの出題となっています。
分野複合の問題は、小問集合の問題。
生物分野の問題は、食物連鎖に関する問題。
地学分野の問題は、地層に関する問題。
化学分野の問題は、気体の燃焼に関する問題。
地学分野の問題は、物体の運動に関する問題。

昨年は計算単元が易化、知識単元が難化の傾向が強かったですが、今年は知識単元の難しさはそのままに計算単元のレベルも復活したという印象です。バランスよくどれも難しいといった出題なので、その中で自分が得点すべきなのはどの問題なのかを考えることの重要性が上がりました。ひらがなで答得る問題など、ひっかけ要素も増えたことに加え、記号選択問題も計算が必要だったり、複数選択だったりで、簡単に点数はとれなくなっています。レベルの高い問題を解くことに慣れておかないと、本番で力を発揮することは難しいでしょう。

問題構成は、大問5題、小問35問。
解答形式は、記号選択が26問、数字が5問、言語が3問、記述が1問。

問題別寸評

(複合)小問集合の文章題
例年通り、他の大問に比べると得点しやすくなっています。全問正解したいところですが、(6)の濃度計算などで時間がかかってしまいそうなときには後回しにする判断も必要です。

(1)

水が水蒸気になるとき、状態変化にエネルギーを使ってしまうので、温度はずっと100℃のままです。木が燃えるには最低でも400℃程度は必要なので、水分がなくなるまで火はつきません。

(2)

日の出の時刻と言えば経度を考えると思いますが、東京都と群馬ではせいぜい10分程度の差しか発生しません。同様に標高による差もそこまで大きくならないので、日の出の方角に障害物があったことが、1時間もの差を発生させる最有力な原因となります。

(3)(4)

ここで落とすわけにはいきませんね。セミは木の汁を吸うので固いストローのような口です。

(4)

点線の方向が、目の錯覚によって物体が見える位置なので、2本の点線が同じ位置で交わる組み合わせを選びます。(う)は屈折していない、どの点線とも交わります。

(5)

200gの水が氷になったので、水溶液の重さから200g引いて濃度計算するだけです。

(6)

「水は凍らせると体積が増えるから」ですね。どうしても記述に必要な場合以外では、「体積が1.1倍になる」など不確かな数字書かないようにしてください。

(生物)食物連鎖に関する問題。
食物連鎖と生物濃縮に関する問題です。基本的な知識問題ですが、一部の計算問題で点差がつきやすいように思えます。記号選択の問題だからといって、計算の手間をはぶいて失点してしまわないよう気をつけましょう。

(1)

「ひらがな」で答えなさい。要注意です。

(2)

食物連鎖の頂点にいる生物が最も個体数が少ないはずです。タカ・ワシなどの猛禽類には基本的に天敵はいません。

(3)

→合否を分けた一題へ

(4)

ネズミは草食または雑食ですが、イタチは肉食です。他の草食動物・肉食動物のように、歯・目のつき方、腸の長さの特徴を答えましょう。一生の長さは、基本的に大きい動物のほうが長いです。

(5)

「必ず」と「場合がある」といった表現に気を付けつつ選びましょう。少し時間はかかりますが、すべての組み合わせを確認してから答えましょう。

(6)

秋に鳴く虫はたまごで冬越しします。カブトムシが幼虫なのは常識ですよね。冬越しのしかたについては頻出なので、定番のものをよく覚えておきましょう。

(7)

→合否を分けた一題へ

(地学)地層に関する問題
地層の問題ですが、一部に月の見え方も含まれているので、地学総合のようになっています。この後の計算単元に時間を残しておきたいので、5分程度で終わらせたいところです。

(1)

地層が見えるということは崖になっているはずなので、浸食された→川の流れが速い→カーブの外側となります。

(2)

「ひらがな」です。たいせき岩などと書いてしまわないよう注意。

(3)

アサリ・ハマグリ→浅い海です。サンゴ・シジミ・ホタテなどの示相化石をおさえておけば、マテガイなど気にせず解くことができます。

(4)

15時にのぼってくる月なので、上弦と満月のあいだの形をしていることがわかります。東からのぼってくるところなので、傾きに注意してください。

(5)(6)

太陽との距離が十分に遠く日光は平行光線とみなせるので、月もボールも同じ向きに光があたっているように見えます。ちなみに夜だとボールに光が当たらないので例外です。

(7)

体積は断面積×距離で計算できます。単位をmに合わせてから計算しましょう。

(8)

安山岩は火山岩なので、粒が角ばっているものの中から大きさのバラバラなものを、砂岩は粒が丸いものから2㎜以下のものを選びましょう。

(化学)気体の燃焼に関する問題
エタノールの燃焼が出題されました。知っている知識で解く問題ではないので、なかなか難しいと思います。計算方法自体はリード文を読めばほとんどわかるので、設問の数値をリード文に当てはめながら慎重に計算していきましょう。おそらくここが一番時間のかかる大問なので、後回しにしてしまうのも作戦のうちです。

問1

エタノールの燃焼で発生する水と二酸化炭素は、乾燥材と石灰水で完全に取り除かれます。単純に気体の減少量が使われた酸素量です。

問2(1)

下線部①に沿って計算します。エタノールが気体になると体積は400倍なので、0.07×400=28㎤、
ペットボトル内に残る空気は500-28=472㎤、そのうちの20%が酸素です。

問2(2)

問1より、エタノール0.3gで酸素360㎤使うことから、0.07㎤では84㎤の酸素を使います。

問2(3)

(1)からの手順と同様に計算して求めることができますが、ここで時間を使ってしまうのは得策ではありません。残りの酸素量10.4㎤から、あと1割くらいならエタノールを増やせるかな、とだいたいの割合で予想する方法をおすすめします。

問2(4)

大量のエタノールが余ってしまうので、ペットボトル内は酸素不足で燃えることができません。ペットボトルの外には酸素があるので、入り口付近だけ燃えることができます。

問3

「すべて選んで」とありますが、燃焼の条件である燃料・酸素・発火点以上の温度のどれかひとつでも欠ければロケットは飛びません。

問4

蒸留ですよね。水よりも沸点の低いエタノールが先に気体になって試験管内に集まります。

(物理)物体の運動に関する問題
前半はふりこ・落下に関する問題、後半は斜面上の力のつり合い問題です。問題文が長く難しく見えるのですが、計算自体は難しくありません。ふりこや滑車の原則を理解していれば大きな得点源となります。大問4よりも先に目を通しておきたい問題です。

(1)

東君が1度だけ移動する場合と、1往復済ませてから移動する場合を考えましょう。

(2)

最下点での速さは、物体を落とした高さで決まります。Rでは物体の運動は止まっているので、Rからそのまま落としたものと同じ速さになります。

(3)

ゴムの影響を受けない場合が最も早いので、Pにたどり着く前に切ってしまえば、ゴムをつけずに落とした場合と同じ速さになります。

(4)

港君がロープに引かれる力は54-29=25㎏、芝太郎君と木箱の合計は50㎏なので、力は0.5倍になっています。表から当てはまるものを探しましょう。

(5)

(4)と同様なので、港君と木箱の合計を0.5倍したものが、芝太郎君がロープに引かれる力です。

(6)

解き方は(5)と同様です。上端は片方固定されているので、動滑車と同じで力は半分、距離は2倍にしましょう。

合否を分けた一題

昨年に引き続き、生物の単元で点数差がつくような出題となっていました。特にここで選んだ問題は、その後の問題まで解き進めないと答えにたどり着けない意地悪問題です。大問2(3)と、比較的序盤においてこれをされると、どうしてもあせりが生まれ、そのあとのペースが乱されます。難問がどこに隠れているかは予測不能ですので、知識単元だからといって油断するのではなく、全体を見渡して合格ラインを越えていくような調整がポイントとなっています。

(3)

Aは植物を食べ、タカに食べられるので、草食動物の中でタカが持ち運べそうなものを選びましょう。Bはバッタを食べ、イタチに食べられるので、小さめの肉食動物です。クモとカエルなどが当てはまりそうですが、(7)の問題を見ないと絞り込むことができません。悩みすぎずに次にいきましょう。
(7)
Bがクモだとすると、陸上に卵を産む生物がバッタとクモの2種類になってしまいますが、Bがカエルだとすると陸上と水中に卵を産むものが1種類ずつになり、絞り込めません。Bは雑食性のコウモリがふさわしいことになります。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


芝中学合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

芝中学入試対策・関連記事一覧

芝中学入試対策・同じ教科(理科)の記事

芝中学入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事

記事はいまのところありません。



menu_school

プロ講師募集

お問い合わせ

PAGE TOP