| 新規会員登録

理科の合否を分けた一題

早稲田中入試対策・理科の合否を分けた一題(2013年度)(2ページ目)

難易度

A:易しい B:標準 C:難しい


問1 A
問2 A
問3 A
問4 B
問5 B


問1 A
問2 A
問3(1)A
(2)A
問4 B
問5 A


問1 A
問2 B
問3 A
問4 A
問5 A


問1 A
問2 A
問3 A
問4 B
問5 A

問題

図3で示した期間に、太陽の表面を金星が通過する現象が見られた。この現象が見られたときとして最も適したものを図3中のA~Dから選び、記号で答えよ。
問5より)

解説

本問題である「金星の太陽面通過」は2013年度の中学入試の「理科の時事問題」でした。金星が太陽の表面を通過するのが見えるのは、金星がちょうど太陽と地球の間に入るときです。図2では金星が3の位置にあるときです。
このとき、太陽・金星・地球は一直線に並んでいますから、太陽と金星は地球から見て同じ方向に重なって見えます。また、「日の出」「日の入り」の時間と「金星の出」「金星の入り」の時間も同じはずです。
よって、図3のAかCに絞れます。
図3で「明けの明星」が見えるのは、「金星の出」が「日の出」より早いときですので、「Aの前」と「Dの後」です。また、「宵の明星」が見えるのは、「金星の入り」が「日の入り」より遅いときですので、「Aの後Cの前」です。ところで、金星の公転は地球の公転と同じく反時計回りです。
図2では、「2→3→4」と動いているはずです。金星が図2の2の位置にあるときは「宵の明星」、図2の4の位置にあるときは「明けの明星」です。
こうなるのは、図3中ではCのときです。

『理科の合否を分けた一題(2013年度)』 >> 1 2
この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...


早稲田中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

早稲田中入試対策・関連記事一覧

早稲田中入試対策・同じ教科(理科)の記事

早稲田中入試対策・同じテーマ(合否を分けた一題)の記事

他校の同じ教科(理科)の記事



menu_school

算数

国語

理科

社会

プロ講師募集

お問い合わせ

PAGE TOP