| 新規会員登録

算数の塾別学習法の提案

慶應普通部入試対策・塾ごとの算数の学習法の提案(日能研生)

5年生

5年生の1年間は基礎を学ぶために非常に大切な時期です。毎週確実に基本的な解法を身につけていきましょう。

『本科教室』の「学びのひろばのまとめ」「オプション理解」は全問やり、「オプション活用」はできる限り全てやりましょう。これらは1週間で最低2周することが大切です。(2周目は間違った問題だけでいいです。)

『栄冠への道』は余裕がある場合だけでかまいません。

6年生の2月から夏休みまで

6年生になっても夏休みが終わるまでは基礎を固める時期です。毎週『本科教室』の各単元の基本的な解法を確実に身につけていきましょう。そのためには「基本問題」「演習問題」「発展問題」「練成問題」の全問を解いて、間違った問題は繰り返しやることでできるようにしましょう。

『栄冠への道』は余裕がある場合だけでかまいません。
カリテとセンター模試は必ず解き直しをしましょう。

6年生の秋以降

この時期はやらなければならない教材・課題が多いので効率のいい勉強を行うため、優先順位を決めておきましょう。
1 慶応普通部対策と過去問
2 通常授業の復習

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


慶應普通部合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

慶應普通部入試対策・関連記事一覧

慶應普通部入試対策・同じ教科(算数)の記事

慶應普通部入試対策・同じテーマ(塾ごとの学習法)の記事

他校の同じ教科(算数)の記事



PAGE TOP