| 新規会員登録

国語

女子学院中入試対策・国語の合格戦略の提案

女子学院中学への合格戦略の提案

まず設問数が多いうえに、合格ラインが高いため、スピードと正確さが求められるのは確かである。しかしこのように書くと必ず対策として出てくるのが、読解のスピードを上げるための「速読法」や「設問の先読み」、「問題演習を多量にこなす」といった学習法である。さらに入試時間40分より短く時間設定したうえで、多量の演習問題を解かせるといった学習方法も出てくる。

これらの方法は、まず本質的に間違っている。

文章内容を理解し、設問の内容に従って筋道を立てながら解答を導き出すのが「読解」であり、この原則に従った学習方法でないと、正答率は上がらない。
女子学院中の国語の攻略方法はスピードではなく、ずばり「正答率の高さ」である。これを身につけることの方が重要だ。

なぜなら、たとえ時間が足りなくて全部解き終わらなくても、正答率が高ければ高得点を取れるからだ。
ここに女子学院中の国語の攻略のカギがある。

これからその攻略方法を、文章編と設問編に分けて説明しよう。

文章編

随筆文、論説文が中心だが、2010度は物語文が出題されたので、3ジャンルすべてに対応することが必要。ただし、この物語文も随筆と同じような読み方で対応できる。

では、まずこれらのジャンルの「読み方」を伝える。

随筆、論説文の読み方

①具体と抽象の区別ができるようにする。(筆者の考え、心情はすべて抽象だから、この区別ができないと、そもそも線を引くことができない。)
②形式段落ごとに整理しながら読む。(文章の情報を整理しながら読むとわかりやすくなる。)
③文章構成を意識して読む。→論説文なら「序論、本論、結論」、随筆文なら「起承転結」
④繰り返しの言葉、文をチェックする。
⑤筆者の考え、心情、まとめの文に線を引く。
⑥⑤の理由があれば、→で⑤に結び付けていく。(因果関係を意識して読むということ。)
⑦接続語→前後の文、指示語→具体化しながら読む。

これらのことを意識しながら、読む練習をしよう。

練習の素材としては、入試問題が良い。青山学院、浦和明の星、大妻中などの入試問題がいい練習になるだろう。

やり方

文章の読み方を意識して、「読む」。(もちろん黙読。)

慣れてきたら、時間を図り、何分で読めるのか確認し、少しずつ、時間設定を短くして読ませる。(2,3分ずつでもOK)

一題5分くらいで読めるようにしていく。(6年の秋冬ぐらいに、これぐらいになれば充分。)

あと、大人の常識である道徳的価値観も学ばなければならない。

大人が教えること以外に、

中学受験 必ず出てくる国語のテーマ 著者 小泉 浩明 (ダイヤモンド社)
朝日小学生新聞 などを活用するとよい。

さらに語注がないので、語彙力も必要である。
これは、学研の「言葉力1200」や旺文社のでる順シリーズで対応していけばよい。
あと入試問題で分からない言葉があれば、積極的に辞書(中高生用)を引くことが肝要である。

設問編

まず、女子学院中の国語の問題は傍線部の意味を問うものが多いので、設問文および傍線部からキーワードを見つけ、それと似た(同じ)言葉を見つけることが重要である。

(もちろん探す前に、傍線部の前後5行くらいはしっかり読んでいてほしい。そこに解答そのものや解答の手がかりがあるからである。)

このときに、先ほど述べた読み方②、④が活きてくる。

話題に注目して読んでれば、どこにその話題があるかがすぐわかるし、繰り返しの言葉や文をチェックしておけば、さらに見つけやすい。

また、適語補充や空欄の問題は、前後の文脈を正しく読み取ることが重要。

ポイントとしては、以下の3つである。

①主語、述語関係を確認する。
②指示語、比喩を具体化する。
③接続語があれば、その働き(例えば、逆接、言い換え、順接など)を意識したうえで、

前後をよく読む。

あと記述問題だが、文章の性質上、文中の言葉を使ってまとめる問題がほとんどなので、あわてずに設問条件をしっかり確認する。そして、その設問条件を手掛かりに、解答になるところを本文中から探す。

あとは、

①穴埋め記述なら、文脈に合うようにまとまる。
②説明記述なら、因果関係を明確にしてまとめる。

という手順で考えていけばよい。
以上が対策である。

文章の読み方を意識しながら、設問の意図や条件を的確に読みとり、論理的な考え方で解答を導き出し、正答率を上げていく。
このような学習スタイルこそが、女子学院の国語を攻略する秘訣である。

地道にコツコツと頑張っていってほしい。「学問に王道なし」である。

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (13 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading ... Loading ...


女子学院中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

女子学院中入試対策・関連記事一覧

女子学院中入試対策・同じ教科(国語)の記事

女子学院中入試対策・同じテーマ(合格戦略の提案)の記事

他校の同じ教科(国語)の記事



PAGE TOP