| 新規会員登録

国語

駒東中入試対策・国語担当講師から駒場東邦中学入学を目指す皆さんへアドバイス

駒場東邦中は新御三家と呼ばれるほどの超難関校だが、国語を見る限り、しっかりと論理的に考えられるようになれば、高得点を取ることが可能であり、その点で他の御三家より取り組みやすいといえよう。
実際、今年(2010年)の卒業生で、私の教え子だが、6年の秋まで偏差値40レベルだった生徒が、駒場東邦中に合格した。もちろん努力を続けてきた生徒だが、国語がずっと苦手で、なかなか偏差値が上がらず、2009年の9月ごろにお母様から学習相談を受けた。お母様に原因を指摘し「アドバイスしたあと、本人の自覚が一番大切です。」と話し、お母様に許可を得たうえで、早速本人を呼び出した。そして本人に「本気で偏差値あげたいのなら、入試問題を使っての特別課題を出すから、毎週やってこい。そして、必ず自分から進行状況を報告にこい。あと、授業中しっかり考えて発言しろ。そして授業の復習の中で、いつも言っている通り、根拠、考え方を書け。そして、文章の構成を考えながらしっかり書き直せ。間違いを恥じるより、間違いを隠す自分を恥じろ。間違うのが勉強なのだから。」と叱咤激励した。

そのあと、

①    自分の授業の復習で、解答への道筋を自分の言葉で書かせるようにして、論理的思考力を鍛えること。(これは、授業中に私が声かけをうまく使って理解させた、解答へのプロセスをもう一度、自分の力で確認してもらうことによって、真の理解へつなげるとともに、普遍的な解法を身につけさせる目的があった。)
②    入試問題を使って、ジャンル別の文章の読み方、設問のタイプ別の普遍的な解き方をマスターすること。

主に、この二つのことを徹底させた。

このあとの詳しい経緯を省略するが、本人も見違えるように真剣に授業や課題に取り組み、第二回の駒場東邦中のサピックス・オープンで国語の偏差値が60以上取れるようになった。

そして見事に合格を勝ち取ったのである。

正直、私もびっくりしたが、このように正しいやり方で真剣に取り組めば、国語の偏差値は伸びるし、可能性は十分にある。

まずは、今まで伝えてきたことを頭に入れ、早速今日から駒場東邦中の対策を始めよう。

善は急げ!!!

皆様からの吉報をお待ちしております。

最後に、今年私が受験生に送った言葉を送らせていただきます。

『努力が必ず報われるわけではない。でも、努力なしに勝利は得られない。受験とはそういうものです。だから今、苦しみながらも頑張るあなたたちは皆、勝者になれます。最後まで己を信じ、頑張れ!』

この記事は役にたちましたか?
全く役に立たなかった役にたたなかったどちらでもない役に立ったとても役に立った (5 投票, 平均値/最大値: 3.20 / 5)
Loading ... Loading ...


駒東中合格対策ドクターのトップに戻る
この記事が気に入ったら是非ご登録を

駒東中入試対策・関連記事一覧

駒東中入試対策・同じ教科(国語)の記事

駒東中入試対策・同じテーマ(講師から受験生へ)の記事

他校の同じ教科(国語)の記事



PAGE TOP